最後に。祖父母の家から/一時帰国2008年6月

d0140863_15162557.jpg

祖父母の家は、京都府と福井県の境にあります。
私の実家からは、そんなに近くはないのですが、今年は2月に一時帰国を
したばかりなのに、また今回帰った目的は祖母に会いに帰る事だったので、
出来る限り会う努力をしました。
妹に運転して連れて行ってもらったり、電車で通ったり。

d0140863_15191622.jpg

曾孫と、私達が小さい頃遊んでいた「ドラえもん」のかるたで遊ぶ祖母。

d0140863_15244544.jpg

家族旅行の次の日には、祖父がペースメイカーの交換の為に、
2日間入院する事になっていて、実は祖母は祖父がいない間、一人で家にいるのが
心細い、と言いました。
日本を発つ前の日だったのですが、祖母の為の帰国なのだから(本人は知らないのですが)
と思い、前の日は祖父母の家まで泊りに行きました。
祖母は82歳で、60年以上祖父と連れ添い、4人姉妹も全員まだ生きていて、
4人とも近隣の町に住んでいて仲が良いという、とても幸せな人です。
しかし、それだからこそ、この先がとても不安なようです。
おばあちゃんとは、こんなにゆっくり話した事が最近では一切なかったな~、
と数日間一緒に過ごせて本当によかったと思いました。
私は初孫で、本当にかわいがってもらったにも関わらず、おばあちゃん孝行が出来てない、
初めて祖母の体調を知った時は、仕事も全部辞めて、数ヶ月間日本へ帰って、
祖父母の家に寝泊まりして、いろいろ手伝ってあげた方がいいのだろうか、等と
悩んだ事もありました。
とにかく、最後の日に、祖父がいなくて心細いなとボソっと言った時に、
(しかし私の日本の最後の日だったので、私に来て欲しいとは、自分から言えなかった
そうです。)
一晩でも、一緒にいてあげれてよかったです。
その日の晩は、なんだか全然寝付けず、(部屋にあった時計がものすごいカチコチと
大きな音を立ててたのもあって)朝は7時の電車に乗って、実家まで帰り、
荷物を全部詰めて、京都駅まで出て、かなり疲れたところに、コインロッカー事件・・・・
そして、行きと同様またまたJETSTARが遅れ・・・飛行機に乗れたのは11時過ぎ
と久々にグロッキーでしたが!

その日の朝は、祖父母の家から駅まで歩いて行く時に、おばあちゃんとお互い
見えなくなるまで手を振り続けました。
これが最期かもと思うと、辛くてしょうがなかったので、奇跡が起こって、
また次回帰った時にも会える事だけを考えていました。


人気ブログランキングへ
ありがとうございます
[PR]
by burngirl8 | 2008-07-20 15:41 | Japan(Jun/2008)


<< Orange Grove Fa... 中村藤吉本店・京都駅店/一時帰... >>